まつ毛の生え際がかゆい!?ダニの予防と徹底対策で症状の悪化を防ごう!

まつ毛ダニ

まつ毛の生え際がものすごくかゆい…寝ている間も痒みがおさまらずいても立ってもいられない。

このような目の痒みや、まつ毛が抜ける事に悩まされていませんか!?

このような悩みを抱えている方の中には、マスカラやアイライナーなどの化粧品の成分が肌に合っていない可能性もありますが、実はその原因を調べると「まつ毛ダニ」と呼ばれるものが原因である事が多いのです。

このまつ毛ダニは、原因を知ることで予防や対策ができます。

ここでは、まつ毛ダニの正体から対処法までを紹介しているので、悩まされているあなたの助けになれば幸いです。

まつ毛ダニの正体や症例をチェック!

まつ毛ダニという言葉をはじめて聞いた!という方もいるかもしれませんね。
まずはまつ毛ダニの正体について説明していきます。

まつ毛ダニとは、「顔ダニ」の一種です。
まつ毛の根元に生息するダニのことで、正式名称を「Demodex(デモデックス)」と言います。
体長は0.1㎜~0.4㎜くらいなので、その正体は肉眼では確認出来ないのです。

まつ毛ダニがまつ毛に生息することで、目元にどんなトラブルが起こるのかもチェックしましょう。

MEMO

顔ダニは、別名「ニキビダニ」とも呼ばれるダニの仲間です。サイズは体長0.1〜0.4ミリと非常に小さく、もちろん肉眼ではまったく見えません。

接触感染で寄生するため、赤ちゃんのときに親との触れ合いなどで感染するケースがほとんどです。

先述のとおり、成人の日本人の97〜8%に寄生していて、通常大きな害はありません。

まつ毛ダニが原因でまつ毛が生えてこなくなる事も!

まつ毛ダニは上下のまぶたの縁にある「分泌腺」に住み着く傾向にあります。

まつ毛ダニが繁殖を続けると、まつ毛が不規則に生えてくるようになりまつ毛の毛周期は無視された状態に陥るのです。
これにより、まつ毛が生えてこなくなり見た目にも悪く見えてしまいます。

目がゴロゴロ、チクチクする感覚が!

まつ毛ダニによって毛周期が乱されたまつ毛は、非常に取れやすくなります。
目に入るなどのトラブルが相次ぐので、常に目がゴロゴロ、チクチクした感覚に襲われるのです。
痒みを伴うこともあるので頻繁に目がチクチクしたり痒みが出ている人は、まつ毛ダニが住み着いている可能性が高いですね。

まつ毛ダニの原因をチェック!あなたは大丈夫?

まつ毛ダニの原因を知って対策までを探ってみましょう。
ここからは、まつ毛ダニの原因を分析します。

自分の日常生活で、まつ毛ダニを繁殖させている原因がないかを考えてみましょう。

目元を不潔にしている人はまつ毛ダニが住みつきやすい!

顔ダニもそうですが、まつ毛ダニは誰にも潜んでいる可能性があるのです。
生息率としては約1割程度でしょう。

まつ毛ダニが潜みやすい人は、洗顔が不十分であったり、皮脂などの汚れが溜まりやすい人です。
メイク汚れが残っている人もNGなので、目元のアイメイクをしっかりと落とす事が求められます。

目元を清潔に保ちましょう。

マイボーム腺のつまりはまつ毛ダニを増やす!

マイボーム腺とは、まつ毛の生え際からまぶたの縁に広がっている腺の事です。
マイボーム腺は、つけまつ毛やエクステなどを使っているうちにつまることがあります。

マイボーム腺がつまることで不衛生な環境になり目の周りの痒みや炎症を起こしやすくなるので、エクステやつけまつ毛などのアイメイクをしている人はとくに目元を清潔に保ちたいですね。

注意

※※注意マイボーム腺梗塞の恐怖

マイボーム腺から分泌される油は「涙」の表面に油膜をつくり、蒸発を防ぐ役割をしています。
このマイボーム腺が詰まった状態を「マイボーム腺梗塞」と呼び、マイボーム腺梗塞は

  • 目の不快感
  • ゴロゴロ
  • ドライアイ
  • ものもらい
  • マイボーム腺炎…etc

こういったさまざまな眼病の原因になるので注意が必要です。

1自分で出来る!まつ毛ダニの予防や対処法をチェック!

まつ毛ダニの症状に心当たりがある方や、まつ毛ダニを予防したい人は対処法をチェックしましょう。
自宅で簡単に出来るケアですので、継続することでまつ毛ダニに悩まされなくなります。

クレンジングはしっかりと行う

アイメイクやつけまつ毛、マツエクをしている人は、しっかりとクレンジングを行うことが大切です。
目元を傷つけることなく、時間をかけて丁寧に行いましょう。

メイクは早めに落とす

メイクをなかなか落とさずに夜まで過ごしていると、目元が不衛生になるのでまつ毛ダニを寄せ付けやすくなります。
メイクを早めに落とすことで、まつ毛ダニの予防につながるのです。

メイクアイテムは清潔に保つ

メイクアイテムが不衛生な場合はアイメイクを施す時に目元まで不衛生になってしまいます。

目元に使うマスカラブラシ、アイメイクのブラシは洗浄するなどして常に清潔に保ちましょう。

アイメイクアイテムで目が痒くなったらすぐにチェンジ!

アイメイクアイテムには、マツエクやつけまつ毛、アイシャドウやアイラインなどがありますが、目が痒くなった場合には新しいものに交換することがよいですね。

アイメイクアイテムでまつ毛ダニを寄せ付けてしまうこともあるので、皮膚に炎症が起こったり、痒みが出ている場合はすぐに取り換えましょう。

汚れを好むまつ毛ダニを寄せ付けない3つのポイント!

現在、まつ毛ダニに悩まされていない人であっても、これからまつ毛ダニが住みついてしまう可能性があります。

まつ毛ダニ予防としてまつ毛ダニを寄せ付けない3つのポイントを覚えておきましょう。

まつ毛ダニの対策ポイント
  1. エクステやつけまつ毛の接着剤が目元に残らないようにしましょう
  2. メイクを1日中している生活を見直しましょう
  3. マスカラやアイメイクの洗い残しに注意しましょう

目元を酸化した皮脂でまみれさせることで、その皮脂がまつ毛ダニのエサとなります。
普段からこうしたポイントに注意して過ごしましょう。

眼科での正しい治療でまつ毛ダニを素早く退治!

自分で出来るまつ毛ダニの対処法や予防法は普段から心がけることが大事ですが、目元の痒みやゴロゴロ、チクチクや違和感は眼科へ早めに受診することで素早く治ります。

まつ毛ダニに対しては、自分だけで何とかしようとは思わずに目の専門家の下で正しい治療を受けることが確実です。

まつ毛ダニとともに、目の炎症や異常についてもチェックしてもらいましょう。

まとめ:まつ毛ダニはセルフケアでの予防と眼科受診へ

まつ毛ダニが住み着いている環境では、目の痒みや違和感はなかなか治りません。

自分で出来る対処法とともに素早く眼科を受診することで、目元の不快感がスッキリします。
眼科に行けば、目元の炎症に対しての適切な薬を処方してもらえますので、なるべく早く受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です