敏感肌さん必見!まつげ美容液の塗り方と注意点で安心まつ育ライフを実現!

敏感肌

まつ毛美容液の使ってみたい…SNSや口コミでみる素晴らしさや、効果について興味が湧いてても敏感肌の方や肌トラブルが気になる方は、なかなか購入への一歩が踏み出せない事もありますね。

かくいう私もじつは乾燥性敏感肌という厄介な混合肌の持ち主です。

また、目元はとくに皮膚が弱く、化粧品だけでもかぶれてしまう人もいますから敏感肌の人はとくに注意したいですよね。

そんな敏感肌の方でもまつ毛美容液の選び方や塗り方に注意すれば、安心してまつ毛を健康的に育てていくことが可能です。

ここでは、皮膚トラブルが心配な方や、ミスしないまつ毛美容液の塗り方について解説していきます。

敏感肌用のまつ毛美容液を選ぶことがコツ!安全な成分をチェック!

「アレルギー体質で敏感肌である為に少しの刺激でも痒みや炎症が起こるけど、まつ毛美容液はそれでも安心して使えるのかな?」

私もまつげ美容液を使うまではこのような疑問を抱いていました。

敏感肌の方や、肌が少し弱いと感じている方は肌に直接塗ることに対して気を遣わなければなりません。
疑問を抱いている女性は非常に多いのですが、敏感肌の方は敏感肌に適した成分で作られているまつ毛美容液を使うと安心です。

敏感肌に適した成分をチェックして、快適なまつ毛美容液生活を始めましょう。

防腐剤が含まれていないまつ毛美容液を選ぶ!

化粧品の多くは、長期間保存することを前提に作られているので、品質を損なわない為に防腐剤や殺菌剤が含まれている物があります。

まつ毛美容液の場合には、使用期限がそれほど長くはありません。
ただし、防腐剤が含まれない物を選ぶ事がポイントです。

肌に負担がかからない優しい自然の成分で作られているものをチョイスしましょう。

合成界面活性剤はアレルギーをもつ方にはNG!

合成界面活性剤のすべてが人体に有害だということはないのですが、とくにアレルギー体質や敏感肌、肌の弱い人は合成界面活性剤を含む製品の使用で、炎症や痒みが起こるケースがあります。

まつ毛美容液の成分を必ずチェックして、合成界面活性剤が含まれていないかどうかを調べると安心です。

タール系色素はアレルギーの原因を引き起こす!

タール系色素とは、石油由来の成分です。
発色をよくさせる為に配合されていることがほとんどなのですが、アレルギーの原因を作る成分であると言われています。

敏感肌や肌の弱い方は、タール系色素に注意してまつ毛美容液を購入しましょう。

MEMO

日本で化粧品への使用を認可されているタール色素は83種類あります。

その中には、黒皮症の原因となるもの、アレルギーを引き起こす危険性があるもの、発がん性の疑いがあるものなど、さまざまな理由で海外では使用禁止とされているタール色素も数多くあるのです。

さらに、タール系の色素はメラニンを沈着させやすく、メラニンの沈着はシミの原因になります。

敏感肌必見!まつ毛美容液の塗り方をチェック!

敏感肌の方は、とくに肌を清潔にした後にまつ毛美容液を塗る事に心がけましょう。

肌に汚れやメイク残りがあると、それらの成分と美容液の成分が交わることで痒みや炎症に変化することがあります。
アイメイクで汚れた目元はキレイにオフした後に、まつ毛美容液を塗るのがベストです。

使用量も控えめで、アイラインを引くような感覚でさっと伸ばしましょう。

ビマトプロストによる色素沈着に要注意!色素沈着してしまった場合の対処法をチェック!

まつ毛美容液で色素沈着を起こしてしまっている場合はどうしたらいい?対策法は?

このような質問がまつ毛美容液を愛用する人の中に増えています。
目元の色素沈着はとくに目立ちやすいので素早く対処したいですね。

この色素沈着を起こす原因は「プロスタグランジン」と呼ばれる成分の副作用によるものですが、時に「ビマトプロスト」とも呼ばれています。

ビマトプロストを含むまつ毛美容液で色素沈着してしまった方が多いのです。

注意

副作用ではありませんが、妊娠中や授乳中の方の使用は控えること。

とあるマウスでの実験では流産が認められた、動物試験ではビマトプロストが母乳から排出される事が認められた、との報告があるので、妊娠・授乳中の方は使用を控えたほうが賢明です。

色素沈着は一旦使用を中止する!

色素沈着の度合いにもよりますが、まぶたの色素沈着の場合は元に戻る可能性は高いです。
2ヶ月くらいで治ることもありますので、色素沈着してしまったら一旦使用を中止することが大事ですね。

色素沈着はコンシーラーなどで隠すことも出来ますが、その場合には目元専用のコンシーラーで肌に安全かどうかを確かめた上で使用しましょう。

MEMO

目の色素沈着はどうしても見た目に悪く、疲れた印象を与えてしまうもの。
そんな時はアイクリームなどを活用して、色素沈着をケアしていきましょう。

色素沈着を防ぐには液体をまぶたにつけない事が大事!

目元に色素沈着が出来てしまった方も、これからまつ毛美容液を使いたいけれど色素沈着を予防したい方は、まつ毛美容液がまぶたにつかないようにすることである程度色素沈着を防ぐことが出来ます。

まつ毛美容液を塗布する時には、液体を欲張らないように少量に分けて塗ると上手に塗る事が出来るでしょう。

ビマトプロストによる色素沈着はとくにまぶたに付かないように塗ることで避けることが出来るのです。
さらに、まつ毛美容液を使用前にパッチテストを行って色素沈着しないかどうかをチェックすることも大事ですね。

まつ毛美容液を塗る時に目を閉じるのはNG!正しく塗る方法をチェック!

疑問さん

まつ毛美容液を塗る時に目を閉じてしまって、なかなかうまく塗る事が出来ません。

このような相談もまつ毛美容液を使おうとしている人の中で増えてきています。

まつ毛美容液とは、正しい使い方さえ 知っておけば目の中に入る心配はありませんので、目を閉じてしまわないように塗り方をチェックしておきましょう。

まつ毛美液の使い方
  1. ブラシは目を閉じた状態でまつ毛の根元に近づけます
  2. 根元にブラシを入れてから目をゆっくりと開け、同時に毛先に液を伸ばします
  3. 多めについてしまった場合は、ゆっくりとまつ毛の先に広げるように伸ばしていきましょう
  4. 全体にまつ毛美容液が馴染むまでは、目を閉じたりこすったりしないようにキープします

目を閉じた状態で目元までブラシを持っていくことはよいですが、根本にブラシが入った時に目を開けると楽に塗ることが出来るのです!

目にまつ毛美容液が入ってしまった時の対処法をチェック!

まつ毛美容液を塗る時に注意していても、うっかり目の中に液体が入ってしまうこともあるでしょう。
液体が目に入ってしまうと、慌ててしまう人が多いですが、すぐに水で洗い流すことが炎症などのリスクを低くしてくれます。

目に優しい成分で出来ているものであれば、目の中に入っても安全性は高く、それほど慌てる必要もありません。

目に入ってしまった時は、十分に洗い流しましょう。

まつ毛が短くてまつ毛美容液がうまく塗れない人は「隙間」を埋める!

まつ毛をまつ毛美容液で長くさせたいけれど、肝心のまつ毛が短すぎて上手に塗ることが出来ないと悩む人も多いです。

ネット上のまつ毛美容液に関する質問コーナーでは、以下の質問が見つかりました。

疑問さん

まつ毛が短くて美容液の塗り方に苦労しています、どうしたよいでしょう?

まつ毛が短い人は、まつ毛の先に向かって伸ばすのではなく、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように液体を塗布していくことがポイントです。

また、根本から先に塗っていく際は、チップを横に寝かせると全体的に付きやすくなります。
根元は隙間を埋める、毛先はチップを横に滑らせることで塗り易いですし、伸びも良くなるのです。

まとめ:敏感肌の人や色素沈着などが気になる方はまつ毛美容液の成分や塗り方に注意することで改善出来る!

まつ毛美容液を使っていく中で、アレルギー反応が出てしまうことや、色素沈着、うまく塗る事が出来ないなどの問題が出てくることがあります。

人それぞれ悩みは違いますが、まつ毛美容液の成分にこだわることや、塗り方に注意することでまつ毛美容液を上手に活用出来るようになるのです。

やり方や選び方さえマスターすれば、すぐに慣れて悩む事なく健康的なまつ毛が育ってきますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です